ミセスのドレス選びのポイントは生地感

フォーマルワンピース 結婚式 ミセス
Pocket

50代のミセスがフォーマルワンピースを選びなら、つるっとした生地よりも、質感のある生地や模様のあるものの方が、肌になじむので着やすいと思います。
たとえば、全体に織り目が入ったシャンタン生地や、繊細な模様のレース生地など、生地に凹凸があると50代の肌にも良くなじみます。また、刺繍が入っていたり、ラメが施されていたりするデザインも、華やかに演出してくれるので人気です。このように、50代のミセスがフォーマルワンピースを選ぶポイントは、色や形だけでなく、生地感も大切なのです。
50代後半~60代のミセスにおすすめなのが、全体的に華やかな刺繍が施されたゴールドのフォーマルワンピースです。厚手の生地のものは、体型が出にくいですし、腰が絞ってあれば細く見えます。とても上品な色ですし、肌にもなじみやすいです。赤いコサージュを添えても華やぐので、結婚式にぴったりです。ジャケットを羽織る場合は、ゴールドに映える黒のものが良いでしょう。その場合、靴やバッグも黒で統一させましょう。よりおしゃれに着たいという方は、同系色のベージュのレースストールを合わせましょう。
ワインレッドのドレスはエレガントで、50代のミセスにおすすめの色です。ビロードのような生地は高級感があって、ご親族として結婚式に参列する場合にも着ることができます。フォーマル感を出したい場合は、きちんとしたデザインのベージュのボレロがおすすめです。この場合、靴やバッグは黒が合います。また、黒のレースストールを羽織ると、大人の華やかさが増します。ただ、小物も黒にすると重たくなってしまうので、ゴールドやブラウンのものにしましょう。

関連記事
トラックバック
トラックバックURL